「即戦力」の優秀な人材を提供します

・Q&A・

Q1 派遣社員を雇うと、コスト高になるのではないでしょうか?→


Q2 正社員を雇用したが、試用期間後に勤務態度が悪くなった。でも解雇できません。→

Q3 派遣労働は、劣悪な労働条件となるのではありませんか?→

Q4 派遣社員はスキルアップしないのではないでしょうか?→

Q5 派遣社員というのは、ドイツではどのような扱いになるのですか?→



Q6 自分の能力を高め、将来もっとレベルの高い仕事にチャレンジしたいのですが、派遣社員としても可能ですか?→

Q7 派遣社員から本採用への道はありますか?派遣社員というのは極めて短期の{例えば1ヶ月}契約ですか?→



Q8 派遣社員で雇われた場合、病気・ケガ等で休んだ場合には、給与はどうなるのですか?→


Q9 一般企業は、現在の試用期間6カ月は短すぎると考えているのでしょうか?→


Q10 PSEに登録して職を探して欲しいのですが、料金はかかりますか?→                                                                                                                                                          

Q11 企業と面接の際に、候補者が直接企業に一人で赴かなければならないのでしょうか?→


A1
 年次休暇、祝祭日、病休、その他、労働不能日のコストは派遣会社が負担します。派遣先企業様へは、実働時間に対する時給でのご請求となります。

A2 派遣であれば派遣会社との派遣契約を解除できます。                                                                         

A3 ドイツの派遣労働法では、派遣労働者にもボーナス、年休、病休等、通常の社員と同じ条件を保証することが義務づけられています。

A4 PSEは、自社派遣社員のスキルアップに努めます。

A5 派遣社員は、派遣会社に雇用された社員です。弊社PSE に雇用される社員となり、通常の社員と同様、ドイツの労働法が適用されますので、一般企業に正社員として採用されるのと同じといえます。                               

A6 PSEは派遣先企業での仕事内容を充分に分析し、社員の能力向上がはかられ、将来よりレベルの高い仕事にチャレンジ出来るよう、トレーニングやアシスト・サポートをする方針です。向上心のある方を歓迎します。

A7 PSEは通常1年ぐらいの契約を中心にしています。優秀な社員の場合、その後、正社員に変わるケースが多くなっています。                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

A8 PSEは派遣先企業には労働時間 (実働時間) のみを請求します。しかし派遣社員には、病休日についても通常の社員と同じように給与支払いがされます。                                                                                                                                     

A9 一般に、採用後6カ月以内では判断が難しいと考えている企業が多いようです。出来れば採用後、本人の能力、適性、熱意を見極めてから 本採用したいと考えています。それには1年ぐらいの派遣後に正社員採用へという流れが、企業のニーズにも適合するようです。

A10 登録・紹介料金は一切発生しません。応募書類を検討し、面接を行った上で、弊社PSEがその幅広いネットワークを使って直ちに派遣先サーチを開始します。可能性のある企業を選出し、登録者にご連絡します。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。秘密は必ず厳守します。
お問い合わせはこちら→→

A11 斡旋/派遣の面接に関わらずPSEの社員ができるかぎり同行します。